オートミールリゾットの作り方【主婦の昼ごはん事情】

オートミールリゾットアイキャッチ 料理

一人分のご飯、適当に済ませていませんか?

「家族のために作るのはいいんだけど、自分のためだけに作るのはちょっと…。」

「毎日麺だけ、ご飯だけなどの単品になってしまう。」

という方も多いのではないでしょうか。

確かに一人分だと、材料を用意したり、洗い物をしたりすることを考えると料理するのが億劫に思えるかもしれません。

そんな時におすすめしたいのが、私がよく一人きりのお昼ごはんに食べる「オートミールリゾット」です。

簡単に手早く作ることが出来る上に、一食できっちりと栄養も摂ることが出来るのです。

そこで今回は「オートミールの栄養価とリゾットの作り方」についてお話していきたいと思います。

しろこ
しろこ

一人ご飯のレシピにお悩みの方の参考になれば嬉しいです。

オートミールを使えば簡単に栄養が摂れるらしい

今でこそぽっちゃり主婦の私にとっても身近な存在となっていますが、今までは「筋肉ムキムキのマッチョが食べるドロドロした物」と思っていました。

あまり美味しいくなさそうなイメージがあり、なかなか手を出すのが難しかったです。

しかしオートミールは、クセのない味で、調理方法を変えれば食べやすくなり飽きのこない万能食材

しかも栄養もギュギュっと詰まっているので食べないなんてもったいない。

オートミールとは

オーツ麦を脱穀して食べやすくした物がオートミールです。

そう、オートミールも小麦やもち麦、押麦など私たちにとって馴染みのある「麦」なのです。

その麦の中でも、オーツ麦には私たちの体を作り上げてくれるような栄養がたくさん含まれています。

例えば、

  • タンパク質
  • 食物繊維
  • ビタミン
  • ミネラル

などです。

タンパク質は筋肉を育ててくれるのはもちろんですが、髪の毛や爪、お肌の細胞も育ててくれます。

また、食物繊維は腸内環境を改善、ビタミンやミネラルは元気な体を保つため栄養がたくさん含まれています。

つまり、ツヤのある若々しい状態でいるために積極的に摂りたい栄養が一度でたくさん摂れてしまう優れモノ、それがオートミールです。

オートミールリゾット〜豆乳味噌version〜の作り方

わたしがいつも使用しているオートミールはこちらです。

業務スーパーオートミール

業務スーパーで激安で購入しました。1kgも入っているのでだいぶ持ってくれます。

では、しろこ家の豆乳と味噌のオートミールリゾットを作っていきましょう。

冷たい牛乳などで柔らかくしようとすると一晩つけ置く必要がありますが、お湯でグツグツと煮込めばあっという間に柔らかくなりますよ。

準備する物(1人分)
  • オートミール   30g
  • 水        150ml
  • 豆乳       100ml
  • ほうれん草    好きなだけ
  • しめじ      好きなだけ 
  • 鶏ガラスープの素 小さじ1
  • 味噌       大さじ1/2

野菜やきのこ等の具材は好きな物なんでも入れてOKです。

なるべく包丁やまな板を使わないために、手でちぎれる葉物野菜やきのこ類を使うのがおすすめ。

オートミール30gだと量が少ないと思うかもしれませんが、水分を膨らんで増えるのでこのぐらいで十分です。

しろこ
しろこ

私も慣れない内は入れ過ぎて食べきれない程になっていたので、様子を見ながら作ってくださいね。

では作り方です。

作り方
  1. 水とオートミールと鶏ガラスープの素を鍋に入れて火にかける
  2. オートミールが柔らかくなってきたら、ほうれん草としめじを入れる
  3. 野菜にも火が通ったら豆乳を入れる
  4. グツグツとしてきたら火を止めて、味噌を入れる
  5. 完成

約10分であっという間に完成します。

オートミール自体にはほとんど味がしないのですが、お米で作るリゾットよりもドロっとした感じが強いと思います。

しかし豆乳や好きな野菜を使うことで、食べやすくなります。

お米で作るリゾットよりも満足感が高いので、間食の回数を減らすことが出来るかもしれませんよ。

さいごに

一人分のご飯って、

「もうなんでもいいや。」

という気持ちになるので、いつも適当に済ましていたお昼ごはん。

しかし、その毎日の「適当」の積み重ねで体重が増え、体調を崩しやすくなっているということに気付きはじめました。

「食べた物で体が作られている」というのは本当なんだな〜と実感。

オートミールを使えば手間もかからないし、栄養も摂れるので一石二鳥です。続けることも苦にならないはず。

手軽に作れるオートミールリゾット、ぜひ作ってみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました