猫背を治したい!実践してみた4つの方法

猫背を治したいアイキャッチ 暮らし

私は昔から猫背で、よく背中をパシーンと叩かれて、
「シャンとしなさい!」
と言われてきました。

仕事を始め、パソコンを使うようになってから猫背はさらに悪化。

最近ではひどい肩こりや頭痛までするようになってきました。

「こりゃ流石にそろそろ猫背を治さないとヤバイな。」

と思い姿勢を正すために本気を出した結果、「なんか最近姿勢いいね!」と言われる機会も増えてきました。

そこで今回は、「私が猫背を治すためにした4つのこと」についてお話をしていきたいと思います。

アイテムに頼ってみる

猫背を治すためのグッズはたくさん売られていますよね。

手っ取り早く効果を出すには猫背矯正専用のアイテムの力を使う方がいい場合もあります。

しかし、どんなに有能なアイテムであっても習慣的に使わなければ意味がありません。

猫背は長年の生活習慣によって徐々に作られていったものだからです。

そのため、日常生活に取り入れやすく、継続して使用できそうなアイテムを選ぶことをおすすめします。

①姿勢矯正ベルト

まずは定番の姿勢矯正ベルトです。

付けているだけで背中が真っ直ぐ伸びます。

見えないように上手く上着などで隠せば、外出先でも使用することができますよ。

姿勢がよくなると、自然と自信が付いて「デキる女・男」感が出てきます。(しろこ調べ)

また背筋が伸びていると相手に堂々としている印象も与えることが出来ます。

そのため、大事なプレゼンや会議の時などに着用するのも良いかもしれませんね。

②骨盤矯正パッド

座って作業することが多い方にはコレ。お持ちのイスにセットするだけで正しい座り姿勢を保つことができちゃいます。

パソコンで作業をする時にコレがあるとめちゃくちゃ楽なんです。

キーボードに手を前に伸ばしているとついつい背中が曲がってしまいますが、パッドが骨盤を起こしてくれるので勝手に姿勢を正してくれます。

姿勢矯正用のアイテムを使えば、手軽に猫背を治せるかもしれません。しかし、それだけではどうしても完璧に治すまでには時間がかかってしまいます。

そこでアイテムにプラスして、姿勢をよくするために意識してみたことも紹介します。

体の重心を後ろに持って行く

猫背になっていると、気が付かない内にアゴを前に突き出した状態になっているはずです。

そのため、まずはアゴを引いて体の重心を後ろに持っていくようイメージをしてみます。

仕事などでパソコンを使っていると、作業に集中するあまり「前のめり」になって画面を必死に見つめていたということはありませんか?

また、スマホを片時も離さず、常にポチポチ…ポチポチ…いじっているという方も多くいるのではないでしょうか。

しろこ
しろこ

私もパソコン作業をしながらTwitterなどをついつい見ちゃうんだよね。

日常生活を送る中で気が付かない内に、アゴを突き出し、体を前に折り曲げている姿勢が当たり前になってしまっているのです。

一度そのようなクセが身に付いてしまうと、その姿勢が楽だと感じるようになり、なかなか改善することができなくなってしまいます。

そこで、まずは背中を無理やり伸ばすということよりも、重心を後ろに持っていくということを意識してみてはいかがでしょうか。

重心を後ろに持っていくとバランスを取るために腰骨を起こさなければなりません。

腰骨が起きることで自然と背筋が徐々に真っ直ぐしていき、綺麗な姿勢を保つことができるようになります。

ただ背筋を伸ばそうとするだけでは「反り腰」の原因となる場合もありますので、「重心を後ろ」にすることを意識してみてください。

簡単に無理なく背筋が伸びるはずです。

おへその下に力を入れる

日常生活の中で気を抜いている瞬間ってありますよね?

困ったクマ
困ったクマ

たくさんあるよ。特に座っている時はだらしないお腹になってるな〜…。

お腹がたるんでしまっているその瞬間に、おへその下あたりにグッと力を入れてみてください。

そうすることでお腹の筋肉を鍛えることができます。

猫背を治すためには、背中ばかりを鍛えればいいってもんじゃありません。

なぜならお腹の筋肉が衰えていると、骨盤をしっかりと支えることができなくなってしまい歪みの原因に。

骨盤の歪みは猫背と深く関係しています。

猫背解消のためには、お腹の筋肉を鍛えることが大切です。

私が実践した方法を詳しく解説します。

  1. イスに浅く座り、姿勢を正す(立っていてもOK!)
  2. おへその下にエイヤッ!と近を入れる
  3. 5秒数えたら力を抜く

このような感じで実践していました。

血圧が上がってしまう可能性がるので息は止めないでくださいね。

私はこの方法を思いついた時に何度も行いました。

仕事中や家事の合間にもできるので簡単に続けることができ、腹筋も少しついてきて背筋を伸ばすのも苦ではなくなってきました。

気が付いた時に深呼吸をする

日常生活を送る中で、

「あれ、なんか息苦しい…。」

と感じたら要注意。猫背になっている可能性があります。

そこで、深呼吸するという習慣を付けてみてはいかがでしょうか。

背中を丸めたままでは大きく息を吸い込むことはできませんよね。胸の深くまで息を吸い込むには、胸を広げて背中を伸ばす必要があります。

仕事に集中し過ぎたり、ゲームに夢中になったり、私たちは何かに力を入れすぎると呼吸をすることを忘れてしまいがちです。

そのため息が吸いづらい状態になっていてもなかなか気がつきません。

そこで、「背筋を伸ばさなきゃ!」と力を入れるのではなく、まずは深呼吸をするように心がけてみましょう。

深呼吸をすると背筋が伸びるだけでなく、酸素が体に十分に行き渡ることになるので、気分もスッキリしてやるべきことにより集中できるようになりましたよ。

さいごに

猫背のおかげで肩や頭が痛くなって、やるべきことができなくなるのはイヤですよね。

少し意識を変えるだけでその痛みから解放されて、集中できるようになります。

大切なのはコツコツ毎日続けていくこと。諦めなければきっと猫背は改善されていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました