掃除は毎日派!コツを掴んでずっときれいな部屋に

毎日掃除のコツアイキャッチ 掃除

最近、在宅勤務などで外出する機会が減り、自宅で過ごす時間が増えましたよね。

そのため、

しろこ
しろこ

部屋が汚いとなんだかイライラしちゃうんだよな〜。

困ったクマ
困ったクマ

散らかっているのが気になって仕事が手に付かない。

という状態になることがしばしばあるのではないでしょうか。

しかし、忙しい日々を過ごしていると、

「毎日するのなんて面倒くさい。」
「頑張り過ぎて疲れてしまうので毎日は無理。」
「時間がかかって毎日できない。」

という思いから、なかなか毎日掃除をすることができないという方もいるはずです。

溜まった汚れを一度できれいにしようとすると大変な労力が必要ですが、部屋が汚いまましばらく過ぎていたら要注意。心と体の健康に悪影響を及ぼすかもしれません。

そこで今回は、きれいな部屋を保つための「毎日、掃除を続けるコツ」についてお話をしていきます。


毎日掃除のメリット

ほうきを持った人形

毎日掃除をすると、ただ部屋がきれいになるだけではありません。

こんな嬉しいこともありますよ。

①心が安定する

部屋がきれいになることで、常に心が穏やかな状態で過ごすことができます。

仕事や育児などで忙しい時であれば、ただでさえ疲れているのに、散らかった部屋を見ると更に疲れが増すような気がしますよね。

使いたい物がどこにあるのか分からなくなったり、ゴミを出し忘れてイヤな臭いがしてきたりすることも…。

そのおかげでイライラしてしまい、寛げるはずの我が家がストレスの原因となってしまうことがあります。

疲れている時もすっきりした部屋で過ごすことができれば、心が落ち着いてきて癒さるはずです。

「部屋の乱れは心の乱れ」なんてことが言われる事がありますが、まさにその通りではないでしょうか。

②健康を保つことができる

ゴミを取ることなどをきちんとしていると、ホコリやカビなどが発生する事が少なくなるので病気になりにくくなります。

掃除を怠る事で、雑菌が含まれているホコリやカビが発生しますよね。

そのため掃除をしていない部屋で過ごしていると、知らず知らずの内に私たちの体に雑菌が吸い込まれることに。

ホコリやカビに含まれている雑菌はアレルギーなどの病気の原因となることがあるので、部屋を清潔に保つことは非常に大切です。

病気にならないためにも日頃から掃除をする習慣を身に付けておきたいですね。

毎日掃除を習慣化するポイント

ぞうきんがけ

それでは、毎日の掃除を習慣にするためのポイントを3つご紹介します。習慣化することができれば楽に続けることができますよ。

①曜日を決める

毎日全ての部屋、全ての場所を掃除することは難しいかもしれません。

そこで、掃除をする場所を曜日ごとに決めてみてはいかがでしょうか。

例えば、我が家の場合は、

  • 月曜日 キッチン
  • 火曜日 リビング
  • 水曜日 トイレ、お風呂
  • 木曜日 キッチン
  • 金曜日 リビング以外の部屋
  • 土曜日 玄関、ベランダ
  • 日曜日 週1の大掃除

こんな感じで決めています。

キッチンは汚れが溜まりやすいので、週2回掃除する日を作りました。築年数の古い賃貸アパートに暮らす筆者は、ゴ○ブ○が何よりも怖いのです…。

そして週末は夫も巻き込んで、平日に手が回らなかった場所を中心に大掃除するようにしています。

あらかじめ決めていると、何も考えずに掃除に取り掛かることが出来るので苦になりません。

どんなに疲れていてもとりあえず「ここだけ」と思えば自然と手が動くはずですよ。

②時間を決める

制限時間を決めて掃除を行うようにすれば、簡単に毎日続けることができます。

時間をかけてじっくり掃除をすることができればもちろん良いですが、毎日時間をかけることが難しい方も多いのではないでしょうか。

特に朝の支度で忙しい時や、仕事から疲れて帰ってきた時などは何をするのも億劫になることもありますよね。

筆者も会社勤めをしていた時は忙しさを理由にして後回しにしてきました。

そこで、制限時間を決めて、時間が来たら即終了するということを決めてみてください。

大切なのは、完璧主義にならないということです。

ピカピカになるまでやろうとすると、時間も体力も必要です。忙しい日々を過ごしていると、それを毎日確保するのはなかなか難しいです。

完璧にしなければならないと思うと、掃除をすることが重荷に感じることも。

多少汚れが残っていたとしても時間が経てば終わらせて、

「週末やればいっか」

という考え方に変えるだけで心が軽くなり、毎日掃除を続けることができるようになります。

まずは5分間、10分間などの短い時間から毎日掃除を始めてみてはいかがでしょうか。

③ちょこっと掃除を常にする

曜日や時間を決めたからと言って、それ以外全く掃除をしないという訳ではありません。

汚れを溜めないようにちょこちょこした掃除は常にするようにしておきましょう。

例えば、

  • テレビ、エアコンのリモコンは使ったら定位置に戻す
  • YouTubeを見ながらカーペットにコロコロをかける
  • トイレは1日の終わりに流せるウェットシートでサッと拭く
  • 洗面台の水ハネはすぐに拭き取る
  • 湯船に浸かりながら風呂場のタイルにブラシをかける

などです。

ゴミ一つない状態にしようとするのではなく、汚れを溜めないように意識して生活してみてください。

日々の生活の中で、汚れたらすぐに拭き取る、物を出したら元の場所に片付ける、という習慣を身に付けていればそう簡単に汚れは溜まりません。

毎日続けていると、自然と「掃除しやすい部屋づくり」をしようと心がけるようになり、もっともっとお部屋はきれいになっていきます。

さいごに

毎日コツコツ続けていると、掃除も不思議と苦にはなりません。

部屋が片付いていると、なるべく汚さないようにと、自分だけでなく家族の意識も変わってくるので更に掃除がしやすくなりましたよ。

お家時間が増えた今、掃除習慣も見直すいいタイミングなのではないでしょうか。

きれいな部屋で過ごすことができれば、お家時間はもっともっと楽しくなるはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました